読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スルメとゲームを愛す日々

スルメを齧りながら主にゲームについて書くゲームブログ

セガハードに囲まれた家に生まれた話

今日は全然ゲーム出来なかったので昔話でもしようかと思います。「バーチャコップ」ご存知です?

私は家族共々ゲームが好きな、正真正銘のゲーム一家に生まれたのですが、記憶にある限りの初プレイタイトルはバーチャコップ等、セガサターンを中心としたタイトルなのです。生まれたのは大体ドリームキャストが発売されたあたりです。そう時代を先取りしすぎたあのハードです。物心つく前からゲームに触れていた私がゲーム好きに育つ事は必然と言えるわけで、今でも新しいゲーム機・ソフトに飛びついてしまう、そんな若者なわけであります。

幼いながらに記憶に残っているのは、先ほど挙げたバーチャコップなどがあります。画面に「RELOAD」が表示されても撃ち続け、一面も突破せずに死んでいく…そんことばかりでしたね(笑)ボイスやBGMが耳にめちゃくちゃ残るんですよねあのゲーム

それから、バーチャファイターは兄とガチャプレイしながら楽しみましたね。たまに喧嘩にも発展しましたw ドリームキャストよりセガサターンのソフトの方が充実していたので、基本的にはセガサターンで遊び、たまにドリームキャスト、という感じでした。ソニアドとかね 

ドリキャスビジュアルメモリでチャオを育成するのが好きでした(メモリーカードでゲームができるんですよ!) PSとかも一応ありましたが、あまり記憶には残っていません。

その後はPS2が主な遊び場になり、鬼武者やFFにハマり、PS3が出た後は少ないお小遣いでFFのゲームアーカイブスを買いあさりました。狩ゲーも鉄板でした。それからペルソナとかね

そんなこんなですが、当時はメーカーの違いなどは分からず、少し大きくなってから「セガ」というメーカーがハード事業から撤退していた事を知りました。中坊くらいですかね

父になぜセガはハードを出さないのか、と聞くと 「ソニーには勝てなかったよ…」との事。

なるほど。おのれソニー!…と一瞬思いましたが、よく見るとすでにプレステにどっぷり浸かっていた私。セガハードも好きだがプレステの無い生活など考えられぬ、とドリームキャストをそっと思い出の中にしまいました。

 

ただ、子供にはゲームのしすぎは良くない、という事で両親からは「週3・1時間まで」というルールを厳しく守らされました。中学生になってからは緩和しまして、かなり好きな様にやった記憶があります。1番厳しかった小学生当時はちょこっと恨みましたが、おかげで外遊びもそこそこ、両目の視力も良好(ゲームのしすぎで本当に視力が落ちるかは知りませんが)と、健康的な少年でした。友達の間ではゲーマーで通ってましたねw

 

そんな感じなので、今でもセガハードにはかなり思い入れがある、そんな青年(笑)です。

書いていたらその日の内の更新がギリギリになってしまいました